お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-3668

再診・その他のお問い合わせ

03-5923-9210

予防歯科|練馬区 石神井公園駅徒歩3分の澤村歯科医院

澤村歯科医院
澤村歯科医院お問合せ 初診専用:050-7542-3668 TEL:03-5923-9210
澤村歯科医院Web診療予約
お問合せ

初めての方へ

通院時の駐車・駐輪料金を負担いたします

当院は各種クレジットカードを取り扱っております

当院はネット予約ができます

平日夜19:30まで受付、土日も診療しています

※赤色が休診日になります
※緑色が歯科口腔外科診療日になります※10:00~
※青色が矯正診療日になります※18:30~

予防歯科

予防歯科

治療を終えた歯はさらにメンテナンスを行うことで永くお使いいただくことができます。お口の中の定期的な検診や歯みがきなどのセルフケアのご指導だけでなく、スケーリングにより歯石の除去やタバコ・コーヒーやワインなどのステインの除去やクリーニングも随時行っております。

これまで歯科治療は、「悪くなってから受けるもの」として、多くの人が受診されてきました。
しかし近年、これは間違った考え方であると少しずつ認知されてきています。

というのも、皆様のお口に自然に生えてくる自然歯は、一度失ってしまうと二度と同じように戻ることはなく、虫歯などになれば、削ったり抜いたりする可能性が高くなるためです。

テレビCMなどで「歯は再石灰化する」と聞くことがありますが、これはあくまで歯の表面についたごく小さな傷に起きることであり、虫歯になってしまいドリルで削った部分を再石灰化で修復することは不可能です。

そのため、当院では予防治療を重視しています。

歯磨きから始まる予防

虫歯予防には歯磨きが大切だということは、近年ではほぼすべての方にご理解いただけている事でしょう。
虫歯や歯周病の原因は、食べ物のかすなどの小さな汚れが歯の隙間にたまったり表面に付着することによって、細菌が増殖することで起きます。

お口の汚れには時間がたてばたつほど落ちにくくなるものもあり、食事をしてから汚れが落ちやすいうちに取り除くことで、細菌が増殖することを防ぎます。

近年少しずつ予防の意識が高まり、多くの患者様が歯磨きを積極的に行うようになってきました。その中には歯医者さんでしっかりと指導を受けて行われている方もいらっしゃいますが、時間が経つにつれてその方独特の癖や磨き残しがどうしてもできてしまいます。
本当に完ぺきな歯磨きを行うには、定期的な見直しがとても大切です。

当院の予防でも歯磨きから

当院の予防治療もまずは日々の歯磨きの見直しから始まります。
お口の状態を見れば、その方の日々のケアにどのような問題があるのかを、ほとんどの場合見つけることができます。

そして、どうしても普段ご自身では見つけにくいような部分のケアには、専用の器具などを用いて、自分の目ではどうしても見えない汚れをきちんと落とします。

そして本当に大切なのはお家に帰られてからの日々のケアですから、正しいケアや間違った磨き方などをお伝えし、ご自身でお口の環境を良好に保って頂けるようサポートしています。

毎日歯磨きしているのに虫歯や歯周病になるのはなぜ?

ところが歯磨きなら毎日しているはずなのに何故虫歯や歯周病になるのでしょうか。その答えは歯磨きが不十分だからです。

虫歯が無く詰め物や被せ物など1本もない方は歯磨きがしっかり出来ていると考えがちですが、虫歯がない方の中にも歯肉が常に腫れていたり、歯磨きの際出血があったり、歯がグラグラする方がいらっしゃると思います。

虫歯がないくらいしっかり歯磨きが出来ているはずなのに歯周病の症状があるのは…矛盾していると思いませんか?

虫歯も歯周病も細菌感染が原因で起こりますが、実は虫歯の原因菌と歯周病の原因菌が異なるということがポイントです。

極端な話お口の中に虫歯の原因菌が無ければ歯磨きしなくても虫歯にはなりません。しかし、歯周病の原因菌が存在すれば歯周病は発症します。

効果的な予防には正しい口腔ケアが必要です。

まず歯磨きしづらい部位、磨き残しがある部位を知ることです。その上で磨き残しがないように歯磨きを行う事が必要です。

歯磨きの方法を詳しくお知りになりたい場合には歯科医や歯科衛生士に遠慮なく質問してみてください。適切な方法をご指導いたします。

磨き残しがある状態のまま放置しているとやがて歯石となります。歯石は歯科医や歯科衛生士によるスケーリング(歯石除去)を行わないと取れません。

虫歯や歯周病予防には歯磨き、歯科医や歯科衛生士による定期健診、歯磨き指導、スケーリング(歯石除去)を継続して行うことが必要です。

定期健診の大切さ

予防歯科というと、クリーニングをして薬を塗ることだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に大切なのは「悪くなる前にその予兆を発見すること」です。
一般的に皆様が「虫歯かな?」と思われる状態はC2やC3と言われる状態で、表面が黒く色づいたころです。この段階まで来ると、殆どのケースで歯を削らなければならず、ご自身の自然な歯を少しといえども失ってしまうことになります。

定期検診をご利用いただくことで、C0と呼ばれる肉眼ではほぼ確認できない虫歯も発見し、幸運なケースではご自身のブラッシングを見直すだけで治せる可能性も高まります。

定期検診ではこんなことをします。

定期検診で行うことは、虫歯のチェックだけではありません。
他にもこんなことをしています。

  • 歯周病のチェック
  • 噛み合わせのチェック
  • ブラッシングのチェックとアドバイス
  • フッ素塗布などの専門的なケア

このように、ご自身だけでは日ごろどうしてもやりきれないケアやチェックを、プロ目を通して行いますので、より確実にお口の健康を維持することができます。

何よりも、
「ご自身の歯は同じものは二つとないこと」「削ってしまうと二度と元には戻らないこと」
この二点をよくご理解いただき、少しでも不安なことがあればすぐにご相談いただければと思います。

症状から診療科目を探す

はじめてのかたへ アクセス方法 お問合せ

PAGE TOP